カードプリンターの販売サポート|プラスチックIDカードの作成用|米国Fargo製

Since 1996
Fargoカードプリンタ国内販売No1.の実績と信頼
社員証等 各種カード印刷受託も承ります

メール問合せ

IDカードプリンターの用語集


昇華型IDカードプリンター

昇華型IDカードプリンターとは、固形インクを熱によって気化させ、プラスティクカードに転写する方式のプリンタで熱転写プリンタに分類されます。
昇華型プリンタではインク量の微妙な調節が可能であり、他の一般的な方式に比べて細かな濃淡(階調)を再現できるという特徴があります。
特に高解像度のデジタルカメラで撮影した画像を昇華型プリンタで印刷すると、銀塩写真に近い細かさの写真画像を再現できます。
印刷方式には「ダイレクト印刷方式」と「再転写印刷方式」の2種類があります。

ダイレクト印刷方式(DTCシリーズ)

サーマルプリントヘッドと呼ばれる部品で、カード表面に直接印刷を行う方式です。
サーマルプリントヘッドではインクリボンの種類により、最適な熱量をコントロールし、リボンに塗られたインクを昇華して印刷を行います。
カード印刷方式としては最も一般的でカラーの発色がよく美しいカードを作成出来ます。
構造が比較的単純で印刷速度が速く、ランニングコストが低いのも特長です。
但しカードの周辺に印刷しない部分が0.5mm程度残ります。

再転写印刷方式(HDPシリーズ)

カードに印刷する画像をHDPフィルム(再転写フィルム)に印刷し、フィルムに印刷された画像をヒートローラーと呼ばれる部品で熱をかけ、カードの表面に転写(再転写)を行う印刷方式です。
この方式は、非常に鮮明な印刷品質が得られ、カードへの全面印刷が可能です。
またカードの素材に影響されにくく、表面に若干の凹凸があるICカードなどにも印刷可能である事も特長です。

両面印刷

カードの表面、裏面の両方に印刷を行うことです。カードプリンターに装着されているカード反転機構により一回の印刷オペレーションでカードの両面を印刷します。
一般的には表面がカラー印刷、裏面が黒色印刷の場合が多い。

片面印刷

カードの表面または裏面の片面印刷を行うことです。手動で反転することで、両面の印刷が可能です。

磁気エンコーダ

磁気ストライプカードへ情報を入出力する装置です。
使用する磁気カードの種類によって、必要とするエンコーダは異なります。 磁気カードへ情報の入出力を行う場合は、一般的にカードプリンター内部に装着した磁気エンコーダが行います。
但し外付け用の磁気エンコーダを利用する場合もります。

ICエンコーダ

ICカードへ情報を入出力する装置です。使用するICカードの種類によって、必要とするエンコーダは異なります。
ICカードへ情報の入出力を行う場合、一般的にはカードプリンター内部に装着したICエンコーダが行います。
但し外付け用のICエンコーダを利用する場合もります。

ラミネーション機構

カードの印刷面の耐擦過性などの耐久性を高めるため、専用の透明なフィルムを使用し特殊保護層でラミネートします。
プリンタに装着したラミネーション機構にラミネートフィルムを装填して使用します。